お金の話・・・今直ぐにでも現金が必要な時・・・

「今直ぐにでも現金が必要」という場合、特に初めて、お金を借りようとする方にとっては、どこでどのように借りればいいのか、迷われるのではないでしょうか?このサイトでは、そんな方々のためにカードローンやキャッシングにまつわる疑問点や注意点などをわかりやすく説明していきたいと思います。

一番便利なのは、24時間、スマホなどで申し込みができる WEB 申し込みです。審査や申し込み時に必要な書類もスマホやパソコンを使って送付すれば、家から一歩も出ずにお金を借りることも可能です。金額などにもより、審査時間は違ってきますが、概ね30分から1時間半以内には審査の結果を知ることができます。30分~1時間半でも、待つことができない・・・・すぐに、お金を借りたいという方は消費者金融の無人契約機に行けば、最速でお金を借りることができるでしょう。

 

また、テレビ CM などでもおなじみの SMBC モビットやアイフルやプロミスなどは、初めてお金を借りる方に対して30日間は無利息でキャッシングできるなどのサービスを展開しています。これらの消費者金融系の会社は銀行に比べると審査も、とても厳しいというようなことはないので、個人差はありますが、例えば、10万円以下の金額であれば、拍子抜けするように簡単にお金を借りることができるでしょう。銀行のカードローンの審査が落ちた方も消費者金融系の会社であれば審査が通ったなどというケースもあるようです。

 

どの会社から、お金を借りたらいいのか迷われている方は、例えば、「無利息の期間はどれくらいなのか?」、「即日キャッシングが可能なのかどうか?」或いは、「収入を証明する書類が必要なのかどうか、比較検討したいと思われるかと思いますが、実は、どの会社もほとんど似たようなサービスを展開しているので、大きな違いはないかと思われます。

 

また、カードローンの借り換えをすることで得られるメリットは、言うまでもなく金利が下がることです。原則一度契約したカードローンの貸付利率は、途中からは簡単に下げてもらうことはできません・・・・カードローンの借り換えを実行した際によくあるのが、いくつかの借入先を一本にまとめたことで安心してしまって、これまでよりも借りまくってしまい、結局負担が増加してしまったという事例です。注意しないとですね・・・銀行ローンの一種であるおまとめローンサービスは消費者金融のサービスより低金利で、多額のローンも扱っているため重宝するのですが、審査内容が厳格で何日も待たされるところがネックです。

消費者金融でお金を借りる際の審査に、収入証明書として扱われる事が多いのが給与明細の類いです。即日融資を望むのは、唐突にお金が必要になったからなのですが、その様な状況の時に「収入証明書を持ってきて下さい!」と言われても、すぐに持ってこられないと思います。しかし収入が全然ない人は利用不可となっていますので、注意が必要です。収入証明書を添付するように義務づけているのは2007年改正の貸金業法なので、消費者金融でキャッシングを行う時は、収入証明書を要求されるわけです。どうしてもこれを用意することができないのであれば、証明書の提示が要されない銀行カードローンをおすすめします。基本としていずれの金融機関であっても、お金借りるという際には審査をクリアしなければなりません。収入がある事が大前提なのは言うまでもありませんよね・・・またその審査の過程において、本人確認を行なうための在籍確認も行われます。

 

また、総量規制により借入金に限度が設けられるのは、私的にお金を貸し付けてもらう場合だけと決まっています。因って、個人であっても事業用の資金を融資してもらう場合は、総量規制は適用外となります。

 

 

どの消費者金融でお金を借りるべきなのか見当がつかないという方に役立てていただくべく…
 

プロミス人気です!プロミス審査に特化して書かれているサイトです。
プロミス審査】通りやすくするポイント&注意点 借りるまでの流れ