VPSの導入・ログイン方法とMT4のインストール・設置方法

VPS(仮想専用サーバー)とは、インターネット上でパソコンが稼働できるサービスの事。

MT4で自動売買をするためには、パソコンを常に起動させておかなければいけないのですが、自宅のパソコンだとパソコンの故障や停電、災害でストップしてしまうこともあります。

そこで、VPSを使うことでインターネット上でMT4が起動できるため、自宅のパソコンの電源をオフにしても24時間自動売買ツールを稼働しておくことが出来るようになります。

FX自動売買をしていくことを考えると、VPSを使うことをお勧めします!

私も実際に使っていて安心感のあるVPSをご紹介します!
長年の運用実績とユーザーに定評のある安定性で人気のサーバーです♪

▼ぎんちゃんが愛用しているVPSは安心の【ABLENET】▼

目次

VPSを契約する

契約の流れは、僕も使っている【ABLENET】での方法をご紹介します♪

下のボタンからABLENET公式サイトへ移動します。

VPSの『くわしく見る』ボタンをクリックしてVPS詳細ページを開きます。

少し下にスクロールすると、以下のような画面が出てきます。

ここでお好きなプランを選択します。
※初心者の方は、Win1 プランがお勧めです。

プラン・ストレージ・支払方法を選びます

先ほどと同じような画面ですが、「プラン選択」というページになります。

こちらで、以下のように選択(クリック)します。
①サービスプラン⇒Win 1
②ストレージ  ⇒HDD

お支払い方法は、
クレジットカード試用期間なし
または、
コンビり払い
を選択してください。
※「クレジットカード試用期間あり」を選択しますと、試用期間が過ぎるとVPSが止まってしまうため、必ずクレジットカード試用期間なしを選択してください。

利用規約を読んで同意するにすべてチェックを入れてください。
すべて選択し終わったら、
契約期間の選択へ進む」ボタンをクリックして次ページへ進みます。

契約期間・オプションを選びます

サーバー契約期間は、お好きなものを選択します。
オプションは、0のままで大丈夫です。
右下の「見積もり画面へ進む」ボタンをクリック

契約内容の確認

サービスプランや利用料金など、今まで選択した項目に間違いがないか確認後、
同意するにチェック
WindowsServer2012R2を選択

その後、
申込者情報の入力へ進むをクリックし、次ページへ。

申込者情報の入力

ご自身の情報を入力し、その後
注文内容の確認へ進むボタンをクリックします。

注文内容の確認・クレジットカード情報の入力

注文内容を確認し、下へ進み、クレジットカード情報を入力します。(クレジットカード決済の方のみ)
右下の注文を確定するボタンをクリックします。

お申し込み完了

上記の画面がでたら、ABLENETのお申込みは完了です。お疲れさまでした♪

ABLENETからのメールを確認

お申込みが完了すると、数分以内に登録したメールアドレスに
【お申し込み受付のお知らせ】
メールが届きます。
届いていない場合、迷惑メールに振り分けられていないか必ずご確認ください。

その後、30分~2時間後に、
ABLE:VPS」VPS(Winプラン)設定完了通知/試用について
というメールが届きます。

上記のメールが来れば、VPSの利用が可能となります。
このメールには、今後MT4にEAを設定する際に重要な情報が記載されていますので、大切に保管しておいてください。

メール文中に、上記のような記載があります。

赤の四角の情報
⇒VPSを設定・利用する際に必要な情報です。

青の四角の情報
⇒ABLENETの契約の確認・問い合わせ・解約の際に必要な情報です。

※2時間以上経ってもメールが来ない、および迷惑メールにも振り分けられていない場合は、ABLENETサポートに連絡してみてください。
ABLENET VPS お問い合わせページ

VPSのメンテナンス方法

Windows Update を更新しないように設定しましょう。

理由は、Windows Update の更新によりEAが停止する可能性があるからです。

ポジションの入り方がいつもと違ったり、決済が遅かった場合はVPSの停止によりEAが稼働していないかもしれませんので、ちょくちょくEAが稼働しているのかをご確認いただくことを推奨します。

【左下のWindows のマーク】
    ↓
【コントロールパネル】
    ↓
【システムとセキュリティ】
    ↓
【Windows Update】
    ↓
【設定の変更】
    ↓
【更新プログラムを確認しない(推奨されません)】

と設定します。

MT4の設置とEA設定

さて、いよいよVPSの仮想Windowsの中にMT4をインストールしていきます。

リモートデスクトップ接続

お手持ちのパソコンとVPSをつなぎ、操作できるように設定します。

お持ちのWindowsパソコンの【リモートデスクトップ接続】アプリを開きます。
場所が分からない方は、Windows左下の検索窓に「リモートデスクトップ接続」と入力して検索してください。

以下のようなアイコンです。

こちらのアプリを立ち上げると、以下のような画面が出てきます。

【ユーザー名】の入力ができない状態の場合は、リモートデスクトップ接続の左下の【オプションの表示】をクリックしてください。

【全般】タブを開きます。
コンピューター⇒メールの「コンピューター」の数字を入力
ユーザー名  ⇒Administrator と入力
左下の「接続」をクリック

次にパスワードが求められますので、メールに記載されている「初期パスワード」を入力してください。

OK」をクリックして完了です。

現在見えているデスクトップが、VPS上のデスクトップとなります。

VPSにMT4をインストール

無料EAを申請後に【CFX-Library】から送られているメールに、MT4インストーラーとEAのデータが添付されています。
そのフォルダごとABLENETのVPS上にコピー&ペーストします。

【CFX-Library】からの添付フォルダをVPSにコピー&ペーストする方法

登録メールアドレスがGmailやYahoo!メールなど、WEBブラウザ上でメール確認できる場合。

VPSのデスクトップ上でWEBブラウザを開き、GmailやYahoo!メールにログインし、該当のメールを開きます。

メールの添付ファイルをVPSのデスクトップにダウンロードします。

その他のメールアプリの場合

メールアプリを開き、【CFX-Library】からの該当のメールから添付ファイルをご自身のPCにダウンロードします。

ダウンロードしたフォルダを選んで「Ctrl」+「C」キーを押すか、右クリックして表示されるメニューから「コピー」をクリックしてクリップボードにコピーします。([切り取り]を選んでも[コピー]と同様になります)

次に、VPSのデスクトップ画面に移り、画面上で「Ctrl」+「V」キーを押すか、右クリックして「貼り付け」をクリックしてクリップボードからファイルをペーストします。

VPS上に貼り付けられたフォルダを開き、
cfxinternational4setup
という項目をクリックし、MT4インストーラーを起動します。(下記のような画面が現れます)

【次へ】を押すとインストールされます。

ファイルをコピー&ペーストできない場合の対処方法

上記の手順でファイルをコピーできない場合は、リモートデスクトップ接続クライアントの設定を確認します。

まずはリモートデスクトップ接続の画面で左下の【オプションの表示】をクリックしてオプションを表示させます。

次に【ローカルリソース】タブを開き、【クリップボード】がチェックされていない場合は、チェックを入れて【オン】の状態にします。

これで、ローカルデスクトップからVPSにコピー&ペーストが出来る設定になりました。

MT4にログインする

インストールされたMT4アイコンをダブルクリックして起動します。

【ファイル】→【取引口座にログイン】に進みます。

取引口座のログイン情報を入力します。

ログインID⇒CFX口座のログインID
パスワード⇒Master Password または Transaction Passwordそ入力
サーバー ⇒CFXInternational-Live 7 を選んでください。

ログイン情報を入力後、【ログイン】をクリックします。

これで、VPSおとMT4の準備が整いました。

お疲れさまでした♪

EA(自動売買ツール)の設定方法

最後に、EA(自動売買ツール)の設定方法です。

稼働するEAの種類によって設定方法が違いますので、下記から該当のEA設定へお進みください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる